陸上自衛隊を辞めたいので彼女と相談して退職したい

私は、陸上自衛隊に勤めてから鬱病のような状態になってしまいました。分単位でスケジュールが決まっており、朝も早く、暑い日でも寒い日でもよっぽど体調が悪いときでないと休むことができないので、毎日がとても大変でした。
陸上自衛隊に勤めた理由は、収入が安定していて、いろいろな資格を取ることができることだったのですが、毎日がこんなに厳しいとは思っても見ませんでした。
さらに、上下関係が厳しいということも私にとってとても大きなストレスとなりました。先輩に言われたことは絶対なので、断ることができないので、訓練など以外の時間でも逃れることができません。
そのうち慣れるさという気持ちで数ヶ月はがんばってきたのですが、そろそろ限界なので辞めたいと考えているのですが、今辞めてもまだ資格も取ることができていないことや、退職したいけどその後の生活のことなども考えるとどうしても退職することができません。
更に、陸上自衛隊を辞めたい理由が最近になってできてしまいました。それは、集団的自衛権行使容認です。訓練の幅が広がるだけではなく、海外に派遣されてしまう可能性も高くなってしまいます。現在、結婚を考えている彼女もいるため、海外派遣で数年くらい派遣されてしまうと、彼女との関係にもヒビが入ってしまうのではないかと心配しています。いくら仕事のためとはいえ、結婚を目前にして海外にいかなければ行けなくなったら、私が彼女の立場になったとしてもいやですし、さらに、集団的自衛権行使容認によって、いろいろと陸上自衛隊がすることができることも増えるということは、その分、危険も増えてしまうということにもなるので、私はまだ死にたくないし、海外なんかにも派遣されたくありません。
これを機に、退職を本気で考えております。彼女ともよく相談しながら、今後陸上自衛隊を続けるか、新しい仕事を探すかを決めて、最終的な身のふりを決めていきたいと考えております。

退職を本気で考えているなら絶対に転職活動を始めた方が良いです

自衛官におすすめな求人を見て、東京の株式会社で働き始めました

私は自衛官として働いていたのですが、1年前に辞めてしまいました。本当はもっと続けたかったのですが、体をケガしてしまい、これ以上自衛官としての任務に就くことができなくなってしまったのです。上司からは、とても惜しい人物を失うことになって残念だと言われました。それだけ評価されていたのは驚きでした。今後別の仕事をがんばってやることで、恩返ししていきたいと思いました。私は東京で仕事を探したいと思っていました。インターネットの転職サイトを利用することにしました。転職サイトのトップページに自衛官におすすめな求人というバナーがあったので、クリックしました。元自衛官という人が働いているところの特集がやっていました。私はものすごく心強い気持ちになりました。仲間ががんばってやっているということは、自分もできると思ったのです。ある株式会社の求人に目がとまり、応募してみました。ありがたいことに採用してもらえたのです。今ではがんばってやっています。

自衛隊に入隊するとバイクの持ち込みが禁止されています。ということはしばらくの間、バイクは放置しないといけなくなりますね。

くるまたかし

陸上自衛隊に高卒で入隊、任期満了につき就職援護を利用

陸上自衛隊に高卒で入隊しました。特に日本国の防衛の燃えて入隊したわけではなく、池袋駅で自衛官を募集・採用する地方連絡部の自衛官にスカウトされ入隊したのです。地方連絡部の言うことは、自衛隊について何一つ悪いことは言わず、「金が貯まる」とか「資格が取れる」とか「規則正しい生活で、体が鍛えられる」とか良いことしか言いません。一般人を勧誘して自衛官にするのが、彼らの仕事だから当たり前ですが、地方連絡部の自衛官も、一般の駐屯地から転属した自衛官なのです。健康診断と体力測定と誰でも受かる学科試験を受け、晴れて自衛隊に入隊すれば、新隊員教育が待っています。新隊員教育は前期と後期に分かれ、両方とも3か月ずつの計半年間で、自衛官の基礎を学びます。前期は関東の場合、横須賀の教育隊で訓練を受けます。列を組んでの歩き方、小銃の取り扱い、戦闘訓練、自衛官の心構えなどを教官について20人くらいの班に分かれて学ぶのです。後期は、自分が派遣された駐屯地で教育を受けます。自分は特化と言って大砲を打つ部隊に所属になったので、ほとんど毎日大砲の扱い方を学びました。大砲の重さは、6トンあり、大砲の球が43kgありました。しかし、駐屯地の生活は、一般人からしたら未知の世界で、全寮制で申請して許可されない限り、外出は出来ないので、団体生活が苦手な自分は、精神的苦痛がありました。任期満了するためには2年勤めなくてはならないので、歯を食いしばって頑張りました。陸上自衛隊を除隊するためには、就職先が決まっていないと除隊させないので、業務隊である就職援護に頼んで、次の就職先を探してもらいました。自衛隊には、様々な役割をする部隊が揃っているので、さすが特別職国家公務員だと思います。

陸上自衛隊を辞めて転職サイトを利用し大卒求人探し

大学を卒業しても就職がなかったので、私は陸上自衛隊に入隊しました。公務員なので給料も安定しているし、なんとなく楽そう、という気持ちから入隊してしまいました。でも、すぐに後悔しました。陸上自衛隊は、高校を卒業してから入隊している人が多く、自分の先輩は全て年下でした。さらに、その年下から指示されることにだんだん嫌気がさしてきました。もちろん、失敗するとその年下に怒鳴られるのです。先輩だから仕方がないということはあるのですが、毎日その年下から怒鳴られ、ストレスがたまり毎日イライラがたまるようになってきました。こんなことではいけないと思ったので、私は思い切って転職をすることにしました。せっかく大学を出ているので、転職サイトを利用して、大卒の求人を探しました。すると、結構いい条件の求人がたくさん揃っていました。こんなに条件のいい求人がたくさんあるんだ、と感動しました。私は陸上自衛隊に退職届けを出し、転職サイトを利用して転職をすることに成功しました。私は、車を製造する会社に就職しました。小さな職場ですが、地元では結構人気な会社でした。陸上自衛隊を経験しているということから、厳しい場所で数年働いたことがあるという点を評価してもらえ、採用してもらえたようです。すごく嬉しかったです。陸上自衛隊は、かなり厳しい職場でしたが、そこで大変な思いをした分、新しい会社では少々のことでくじけることもありません。毎日とても楽しく働いています。大好きな車を関わる仕事ができているので、すごく嬉しいです。これからもこの仕事を続ける予定です。結婚も決まったので、さらに幸せを感じています。陸上自衛隊を辞めてよかったです。

陸上自衛隊からの転職先を転職サイトで見つけました

陸上自衛隊として6年働きました。でも、もう限界がきてしまいました。毎日こんな仕事ばかり嫌だと思ってしまいました。デスクワークは全くありません。毎日ひたすら訓練です。三ヶ月山の中にこもることもあります。三ヶ月は家に帰ることができません。そのため、彼女にも振られてしまいました。彼女に会えることだけを楽しみにして、山にこもって仕事である訓練を頑張っていたのに、結局はこの仕事のせいで彼女に振られてしまったのです。こんな思いをして働いているのに、なんでこんなに辛いことばかり起こるんだろうと思っていました。もうこの辛い生活に終止符をうつためには、転職しかないと思いました。転職をしたら、こんなに辛い気持ちになることはないと考えました。陸上自衛隊を辞めることを家族や上司に伝え、私はすぐに転職サイトを利用して次の仕事を探しました。私は、車が好きなので、車関係の仕事に就こうときめました。車の営業なら、私の長所を生かしながらすることができそうだと思ったので、車屋さんに就職しました。転職サイトには、とてもいい転職先がたくさんあり、転職活動もかなりスムーズにできました。転職サイトには、面接のノウハウも書かれていましたし、履歴書の書き方も丁寧に説明してありました。そのため、はじめての転職でしたが、自信をもって転職することができました。陸上自衛隊で働いていた頃に比べたらかなり幸せです。こんな仕事に就けて本当によかったと思っています。民間企業は大変なことが多くありますが、楽しいこともたくさんあります。陸上自衛隊の頃には感じることができなかった達成感を感じる毎日です。こんなに充実している日々を過ごすことができて幸せだと思っています。