原付のたびにあこがれて、カブで京都まで、放置バイクで全て解決

学生時代にホンダのカブで地元静岡から京都まで旅をしました。
「水曜どうでしょう」という番組のコーナーの一つに原付の旅にあこがれていて、大学卒業の思い出作りの為にカブで友達のいる京都まで行こうと思い立ちました。
旅に出る前にカブのオイル交換のためオートバイ屋さんで話を聞くと、「事故じゃない限り普通に走っていればカブは壊れることはないよ。大丈夫だよ!!」
という言葉を聴いて安心してスタートすることができました。
朝出発して夜に到着することを目標にしていました。約350キロの道のりなので、何もなく走れば12時間ぐらいで着くかなくらいに思っていたのですが、
走り始めて5時間ぐらいの名古屋を走っていたお昼ごろに僕のお尻は悲鳴を上げていました。座っているだけで痛くて痛くて、信号待ちをするたびに立ち上がって
しまうというなんとも情けない姿をさらしてしまいました。カブの長時間の運転にはなれていなかったのです。
それでも時間的には順調にきたことと、名古屋ではご当地の味噌煮込みうどんを食べたことで、復活してカブの旅を進める事ができましたが、
この旅の一番の難所は四日市から滋賀へ抜ける国道一号線の道でした。この山間路線は日をくれるとともに交通量がかなり多く、
片面1車線道でカブの横を大型トラックが横を走り去っていくという、国道か?と思うような道で、恐怖を抱いて走っていました。
今思えば場違いなのは私のほうだったのですが、山間路線がおわりびわ湖が見えたときの安心感はこのカブの工程において一番の自分のなかでの感動シーンでもあります。
結局京都付いたのは出発してから14時間後でした。京都を観光するというよりは、カブの移動を愉しむという目的で、しかも達成感もありました。
大きいバイクで高速を使用して移動するという快適感や疾走感というものはないのですが、景色をみながら、時には路面電車と走りながらゆっくり長距離を移動するのも
オートバイの一つの愉しみ方なんだなと勉強しました。
いろいろなオートバイにものりましたが、カブは自分にとっての一番の相棒でした。
結婚を気にオートバイを手放してしまい所有していませんが、もう一度カブを所有して時間の気にしない旅に出たいなと思い描いています。

学生時代の思いで バイクサークル

私は現在48歳になる男性です、普通のサラリーマンです。
今ではバイクに乗ることは全くなくなってしまいましたが学生時代は車を買うお金もなかったのでもっぱらバイクライフを楽しんでいました。

高校生の頃は免許をとることすらご法度の厳しい時代だったので卒業して大学生になってから晴れてバイクの免許を取り私とバイクとの付き合いが始まりました。

大学は地元を離れて東京のはずれにある学校に進みました。
兄のお下がりのバイクスズキガンマ250が最初のバイクでした、大学二年になる時に友人に誘われてバイクサークルを立ち上げることになりました。

私はバイクが好きでもマニアックにメカのことやバイクレースのことなどの知識はほとんどなくただ気持ちよく乗れればいいくらいに思っていたのでバイクサークルという話しは正直少し尻ごみしてしまったのですが。

それでも参加することにし春に新入生を勧誘して20人くらいの部員が集まったでしょうか。
大学のバイクサークルとして学校にも正式に認可され活動が始まりました。

バイクサークルなので主な活動はツーリングです、ほとんどは200キロほどの日帰りにちょうどいい距離を無理なく走るというものでした。
夏には合宿として泊りがけで日光まで走りに行ったりもしました。

こうしたツーリングの中でも当時大きな事故もなく無事に活動できていたのが今思えばなによりです。

大学4年の時に学生主催のバイクレースにサークルで参加することになりました。

バイクレースといっても当時流行っていた50CCのミニレーサータイプのバイクでサーキットを走るというものです。
レースは6時間の耐久レースでライダーは何人交代してもいいという緩いルールでした。

私もこのレースでサーキットを少し走らせてもらい今となっては楽しい思い出です。

このように学生時代はいつもバイクを中心に自分の世界が回っていたような気がしています。

前述したように今ではバイクに乗る機会はないですがまた不意に乗りたくなる日がくるのかもしれません。

バイク 放置

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *