原付のたびにあこがれて、カブで京都まで、放置バイクで全て解決

学生時代にホンダのカブで地元静岡から京都まで旅をしました。
「水曜どうでしょう」という番組のコーナーの一つに原付の旅にあこがれていて、大学卒業の思い出作りの為にカブで友達のいる京都まで行こうと思い立ちました。
旅に出る前にカブのオイル交換のためオートバイ屋さんで話を聞くと、「事故じゃない限り普通に走っていればカブは壊れることはないよ。大丈夫だよ!!」
という言葉を聴いて安心してスタートすることができました。
朝出発して夜に到着することを目標にしていました。約350キロの道のりなので、何もなく走れば12時間ぐらいで着くかなくらいに思っていたのですが、
走り始めて5時間ぐらいの名古屋を走っていたお昼ごろに僕のお尻は悲鳴を上げていました。座っているだけで痛くて痛くて、信号待ちをするたびに立ち上がって
しまうというなんとも情けない姿をさらしてしまいました。カブの長時間の運転にはなれていなかったのです。
それでも時間的には順調にきたことと、名古屋ではご当地の味噌煮込みうどんを食べたことで、復活してカブの旅を進める事ができましたが、
この旅の一番の難所は四日市から滋賀へ抜ける国道一号線の道でした。この山間路線は日をくれるとともに交通量がかなり多く、
片面1車線道でカブの横を大型トラックが横を走り去っていくという、国道か?と思うような道で、恐怖を抱いて走っていました。
今思えば場違いなのは私のほうだったのですが、山間路線がおわりびわ湖が見えたときの安心感はこのカブの工程において一番の自分のなかでの感動シーンでもあります。
結局京都付いたのは出発してから14時間後でした。京都を観光するというよりは、カブの移動を愉しむという目的で、しかも達成感もありました。
大きいバイクで高速を使用して移動するという快適感や疾走感というものはないのですが、景色をみながら、時には路面電車と走りながらゆっくり長距離を移動するのも
オートバイの一つの愉しみ方なんだなと勉強しました。
いろいろなオートバイにものりましたが、カブは自分にとっての一番の相棒でした。
結婚を気にオートバイを手放してしまい所有していませんが、もう一度カブを所有して時間の気にしない旅に出たいなと思い描いています。

学生時代の思いで バイクサークル

私は現在48歳になる男性です、普通のサラリーマンです。
今ではバイクに乗ることは全くなくなってしまいましたが学生時代は車を買うお金もなかったのでもっぱらバイクライフを楽しんでいました。

高校生の頃は免許をとることすらご法度の厳しい時代だったので卒業して大学生になってから晴れてバイクの免許を取り私とバイクとの付き合いが始まりました。

大学は地元を離れて東京のはずれにある学校に進みました。
兄のお下がりのバイクスズキガンマ250が最初のバイクでした、大学二年になる時に友人に誘われてバイクサークルを立ち上げることになりました。

私はバイクが好きでもマニアックにメカのことやバイクレースのことなどの知識はほとんどなくただ気持ちよく乗れればいいくらいに思っていたのでバイクサークルという話しは正直少し尻ごみしてしまったのですが。

それでも参加することにし春に新入生を勧誘して20人くらいの部員が集まったでしょうか。
大学のバイクサークルとして学校にも正式に認可され活動が始まりました。

バイクサークルなので主な活動はツーリングです、ほとんどは200キロほどの日帰りにちょうどいい距離を無理なく走るというものでした。
夏には合宿として泊りがけで日光まで走りに行ったりもしました。

こうしたツーリングの中でも当時大きな事故もなく無事に活動できていたのが今思えばなによりです。

大学4年の時に学生主催のバイクレースにサークルで参加することになりました。

バイクレースといっても当時流行っていた50CCのミニレーサータイプのバイクでサーキットを走るというものです。
レースは6時間の耐久レースでライダーは何人交代してもいいという緩いルールでした。

私もこのレースでサーキットを少し走らせてもらい今となっては楽しい思い出です。

このように学生時代はいつもバイクを中心に自分の世界が回っていたような気がしています。

前述したように今ではバイクに乗る機会はないですがまた不意に乗りたくなる日がくるのかもしれません。

バイク 放置

あこがれの750ライダーになる。バイクが大好きです

私は現在48歳になる男性です。

普通の会社員です、今はバイクにな乗っていませんがこれでも若い頃、学生時代はいつもバイクに乗っていました。

私の高校生の頃はバイクに関してはまだかなり厳しく、いわゆる3無い運動というのでしょうか 免許を取らない、バイクに乗らない、バイクを買わないという時代でした。

そんな時代なので私がバイクの免許を取ったのも高校を卒業してからの大学一年の冬休みだったと思います。

二つ違いの兄が車を買ったので持っていたオートバイ スズキガンマ250をお下がりでくれたのでしばらくはそれに乗っていました。
ガンマはツーストロークということもあり250CCといえどなかなか速いバイクでそれなり良かったのですがやはり次第に最新型のバイクが欲しくなりました。

バイトで少しづつお金を貯めてヤマハのTZR250というバイクを始めて自分のバイクとして中古ですが買うことができました。

性能はガンマとくらべて大きく違うわけではなかったのですがやはり自分で買ったバイクということで愛着がわきこのTZRは大学4年の春まで乗りました。

そして大学4年になる前にどうせバイクに乗るなら皆から注目されて尊敬される大型バイク(当時は限定解除)と呼ばれた免許を取ろうと決心しました。

当時はこの免許は教習所ではとることが出来ずに運転試験場での実技試験に合格しなければ取得できないかなり難関なものでした。

それでも学生時代でなければ出来ないことなので専門の練習場で大型バイクに慣れてから試験を受けました。

しかし本当にこれは難しい試験でした、自分ではうまく行ったと思っても中々合格できずになかばあきらめかけていたのですが。

粘り強くに試験を受け続けてついに18回目の試験で合格をして大型バイクの運転免許を取得することができました。

免許を取りすぐにTZRは後輩にゆずり目をつけていたホンダCB750FBを購入、晴れて憧れの750ライダーとなることができました。

もう20年以上も前の懐かしくも楽しかった私とバイクの記憶です。

kdx125SRのリアタイヤ交換に挑戦

リアタイヤはミシュランのAC10の100/100-18 M/C 59R TTです。まずはサイドスタンドをかけて、リアタイヤのナットについているベータピンをペンチで引き抜いてから、24mmのメガネレンチでナットを取り外します。次に車体をジャッキアップして浮かせます。チェーンが緩むようにスイングアームの前方にタイヤを移動させて、チェーンをリアスプロケットから外します。そしてリアタイヤの下に足を差し込んで、アスクルシャフトに負荷がかからないようにしてから、アスクルシャフトを引き抜きます。するとタイヤが落ちてきて、リアホイールを取り外すことが出来ます。
次にリアスプロケットやリアブレーキディスクが傷つかないように、新しく買ったタイヤの上にリアホイールを重ねます。エアバルブキャップを外して、ムシ回しでバルブをっ緩めてエアを抜きます。このとき全部外してしまうと空気圧でバルブが吹っ飛んでしまうので、無くさないように注意してください。
次に12mmのナットでエアバルブを固定しているナットを取り外します。ビード周りを手で押してホイールとタイヤのビードが密着している部分を引き離します。タイヤの表と裏両方とも行いました。続いてタイヤレバーを差込み、チューブを引っ掛けないように注意しながら、ビードをホイールからめくっていきます。片側全てめくれたらチューブを隙間から引き抜きます。チューブを抜いたら力技でタイヤとホイールを引き離します。
次に外したタイヤを下敷きにして、新しいタイヤを置いてホイールを上において、片側のビードをはめ込みます。手ではまらない場合はタイヤレバーを使います。はまったらホイールを裏返して、チューブバルブをバルブ穴に通しながらチューブをタイヤとホイールの隙間に差し込んでいきます。全て入ったら、チューブをいずつけないように注意しながらタイヤレバーを使って、ビードをホイールの中にはめ込んで行きます。全てはめ終わったら、空気入れで空気を入れて、ホイールとビードが均一に密着するまで空気を入れます。
ホイールとビードが密着したら空気を一旦抜いて、ムシ回しでバルブを取り付け、ナットでバルブを固定して、規定空気圧を入れたら車体にホイールを装着して完成です。
チューブバルブをホイール穴に通す作業以外はスムーズに作業できました。

不注意による出合い頭事故について

学生だった頃バイク通学を行っていました。時間がない時にバタバタと家を出て近道をして通学をしていました。だいたい学校まで1時間しないくらいで、この近道をするからといって10分も早くなることはなくせいぜい信号一個止まるかどうかの差でした。ですが、朝ともなるとその一つが遅刻に関わってくるもので時間を持って家を出ればいいものではありますが、なにせ朝なのでギリギリになることは仕方がないことだと、と思っています。
普段通っていた近道というものが小道から片側1車線道路を直進して向かいにある小道へ入っていくというものでした。小道から突っ切る時には止まれの標識があります。朝の時間帯なので左へ進む道は信号待ちの車で混んでいて右へ進む道は空いているという状態でほぼ車は通っていない状態でした。
そしてある日いつも通り小道を通って近道をしようとして止まれをいったん停止し、右方向の道が混んでいるのを見て車の間を抜け右方向の車がいないことを確認し直進しようとすると、確認が甘かっのでしょう。右からトラックが来ていました。トラックの右側と私の乗るバイクが衝突し転倒をしました。幸いお互い命はありましたが、私は左鎖骨を骨折し全治1ヶ月の診断をされました。
事故の後、病院へ救急車で運ばれました。治療を終えて痛み止めをもらい家路へ着く時、バイクの任意保険に入っていたので会社へ連絡し今後について話をしました。事故の時警察の方にも来ていただいていたので後日自分で警察署へ行き事情聴取をされました。道路状況や何キロ出していたか、の聴取の後、もしあと少しでも飛び出ていたら引かれて死んでいたかもしれない、などとお話され今き生きていることはありがたい事だと感じました。
保険会社さんとは何度かお電話でお話をして警察で話したような道路状況などの書類作成をして病院への通院記録の作成、その他もろもろ何枚もの書類を作成し提出をしました。私側の保険会社さんと相手側の保険会社さんで話し合いを進めてもらい割合を決めお支払い。
ケガも完治まで3ヶ月かかり、保険会社さん同士の話し合いも難航し結局全てが終わったのが半年後でした。
学校の友達や両親、当時勤めていたアルバイト先、いろんな方に心配をかけてしまいました。もう交通事故はこりごりなので近道をする事をやめました。バイクに乗る事は好きなのでやっぱりやめられないです。安全運転さえすれば事故は起きません。