陸上自衛隊に高卒で入隊、任期満了につき就職援護を利用

陸上自衛隊に高卒で入隊しました。特に日本国の防衛の燃えて入隊したわけではなく、池袋駅で自衛官を募集・採用する地方連絡部の自衛官にスカウトされ入隊したのです。地方連絡部の言うことは、自衛隊について何一つ悪いことは言わず、「金が貯まる」とか「資格が取れる」とか「規則正しい生活で、体が鍛えられる」とか良いことしか言いません。一般人を勧誘して自衛官にするのが、彼らの仕事だから当たり前ですが、地方連絡部の自衛官も、一般の駐屯地から転属した自衛官なのです。健康診断と体力測定と誰でも受かる学科試験を受け、晴れて自衛隊に入隊すれば、新隊員教育が待っています。新隊員教育は前期と後期に分かれ、両方とも3か月ずつの計半年間で、自衛官の基礎を学びます。前期は関東の場合、横須賀の教育隊で訓練を受けます。列を組んでの歩き方、小銃の取り扱い、戦闘訓練、自衛官の心構えなどを教官について20人くらいの班に分かれて学ぶのです。後期は、自分が派遣された駐屯地で教育を受けます。自分は特化と言って大砲を打つ部隊に所属になったので、ほとんど毎日大砲の扱い方を学びました。大砲の重さは、6トンあり、大砲の球が43kgありました。しかし、駐屯地の生活は、一般人からしたら未知の世界で、全寮制で申請して許可されない限り、外出は出来ないので、団体生活が苦手な自分は、精神的苦痛がありました。任期満了するためには2年勤めなくてはならないので、歯を食いしばって頑張りました。陸上自衛隊を除隊するためには、就職先が決まっていないと除隊させないので、業務隊である就職援護に頼んで、次の就職先を探してもらいました。自衛隊には、様々な役割をする部隊が揃っているので、さすが特別職国家公務員だと思います。

陸上自衛隊を辞めて転職サイトを利用し大卒求人探し

大学を卒業しても就職がなかったので、私は陸上自衛隊に入隊しました。公務員なので給料も安定しているし、なんとなく楽そう、という気持ちから入隊してしまいました。でも、すぐに後悔しました。陸上自衛隊は、高校を卒業してから入隊している人が多く、自分の先輩は全て年下でした。さらに、その年下から指示されることにだんだん嫌気がさしてきました。もちろん、失敗するとその年下に怒鳴られるのです。先輩だから仕方がないということはあるのですが、毎日その年下から怒鳴られ、ストレスがたまり毎日イライラがたまるようになってきました。こんなことではいけないと思ったので、私は思い切って転職をすることにしました。せっかく大学を出ているので、転職サイトを利用して、大卒の求人を探しました。すると、結構いい条件の求人がたくさん揃っていました。こんなに条件のいい求人がたくさんあるんだ、と感動しました。私は陸上自衛隊に退職届けを出し、転職サイトを利用して転職をすることに成功しました。私は、車を製造する会社に就職しました。小さな職場ですが、地元では結構人気な会社でした。陸上自衛隊を経験しているということから、厳しい場所で数年働いたことがあるという点を評価してもらえ、採用してもらえたようです。すごく嬉しかったです。陸上自衛隊は、かなり厳しい職場でしたが、そこで大変な思いをした分、新しい会社では少々のことでくじけることもありません。毎日とても楽しく働いています。大好きな車を関わる仕事ができているので、すごく嬉しいです。これからもこの仕事を続ける予定です。結婚も決まったので、さらに幸せを感じています。陸上自衛隊を辞めてよかったです。

陸上自衛隊からの転職先を転職サイトで見つけました

陸上自衛隊として6年働きました。でも、もう限界がきてしまいました。毎日こんな仕事ばかり嫌だと思ってしまいました。デスクワークは全くありません。毎日ひたすら訓練です。三ヶ月山の中にこもることもあります。三ヶ月は家に帰ることができません。そのため、彼女にも振られてしまいました。彼女に会えることだけを楽しみにして、山にこもって仕事である訓練を頑張っていたのに、結局はこの仕事のせいで彼女に振られてしまったのです。こんな思いをして働いているのに、なんでこんなに辛いことばかり起こるんだろうと思っていました。もうこの辛い生活に終止符をうつためには、転職しかないと思いました。転職をしたら、こんなに辛い気持ちになることはないと考えました。陸上自衛隊を辞めることを家族や上司に伝え、私はすぐに転職サイトを利用して次の仕事を探しました。私は、車が好きなので、車関係の仕事に就こうときめました。車の営業なら、私の長所を生かしながらすることができそうだと思ったので、車屋さんに就職しました。転職サイトには、とてもいい転職先がたくさんあり、転職活動もかなりスムーズにできました。転職サイトには、面接のノウハウも書かれていましたし、履歴書の書き方も丁寧に説明してありました。そのため、はじめての転職でしたが、自信をもって転職することができました。陸上自衛隊で働いていた頃に比べたらかなり幸せです。こんな仕事に就けて本当によかったと思っています。民間企業は大変なことが多くありますが、楽しいこともたくさんあります。陸上自衛隊の頃には感じることができなかった達成感を感じる毎日です。こんなに充実している日々を過ごすことができて幸せだと思っています。

海上自衛隊を辞めたいけと辞められないのでつらいです

私は、海上自衛隊を辞めたいとずっと思っているのですが、辞められない事情があります。海上自衛隊に入隊をしたのは、20歳のころです。あの頃は夢とか希望に満ち溢れていて、まさかこんな辞めたいなんて思う日がくるとは思っていませんでした。実際に海上自衛隊として働いていると、楽しくないことが多すぎて毎日ストレスがたまるようになってしまいました。おまけに、転勤は二年に一度あります。転勤が多すぎて、せっかくこの土地に慣れることができたと思ったら転勤で、もういやだと思うようになりました。転勤があることは知っていましたし覚悟をして入隊したつもりだったのですが、実際に転勤ばかりしていると、その土地になじむことなく転勤になるので、ストレスがたまってしまい仕方がありませんでした。上司に辞めたいことを相談したのですが、上司は聞き流すのです。真剣に相談にのってくれないのでとてもショックでした。また、私には大切な家族がいます。子供がもうすぐ小学生になります。そのため、これからどんどんお金もかかりますし、簡単に辞めることができないのです。辞めて転職をしたとしても、今くらい高額なお金がもらえる仕事はありません。今の仕事は、仕事内容は楽しくないのですが、定時に帰宅をすることができ、休みもたくさんあり、給料も悪くありません。そのため、奥さんに相談をしても、辞めるなんてとんでもない、と怒ります。でも私は、もっとやりがいのある仕事がしたいのです。営業職でもいいです。もっと向上心をもって取り組むことができる仕事をしたいのです。一生この仕事を続けていなかいといけないと思うと疲れます。さらに、海上自衛隊は定年もはやいので、その後どうしようかも悩みます。こんなに悩む仕事につかなければよかったと毎日後悔の連続です。もっといい仕事が絶対にあったはずだと思ってしまいます。辞められないので続けるしかないのですが、正直つらくて、未来がまったく明るくないです。

海上自衛隊として働いていますが、辞めたいのに辞められないのでつらいです

高校を卒業して、すぐに海上自衛隊に入隊しました。とてもかっこいいなと昔から憧れていたので、入隊できたときはかなりうれしかったのを今でも覚えています。でも今は正直、辞めたい気持ちでいっぱいです。それは上司との関係があまり良くないのと、仕事にもやりがいを見出すことができなくなってしまったからです。すごくつらくて、毎日どうしたら辞めることができるんだろう、と考えてしまいます。毎日制服を着て、堅い職場に通勤することがすごく嫌です。でも、私には子供も奥さんもいます。今さら、辞められないという気持ちがあります。今辞めたとしても、今と同じくらいの給料をもらえる職場はないと思います。子供の将来のことを考えると、自分勝手な理由で辞めることができない、と感じます。上司との関係もあまりよくないので、相談することもできません。おそらく、相談をしてもなんの解決もできないと思います。辞めたいのですが、辞められないので本当につらいです。正直にいうと、もっと明るい職場で働きたいです。今の海上自衛隊としては働いている職場は、たいへんなことがすごく多いです。先輩もとても厳しいですし、楽しいことが一つもありません。笑い声が響くこともありません。明るい場所が好きな私にとって、苦痛で仕方がないのです。理想の職場は、みんなで笑いあったり飲みに行ったり、何でも相談できる明るい先輩がいるような職場です。でも今は、まじめな人が多くて、堅いので居心地が悪いです。職場で笑った記憶が、ここ何年もありません。でも、海上自衛隊のことをかっこいいといってくれる奥さんと子供がいるので、なんとか頑張ってきています。海上自衛隊として働いてもう15年です。今さら転職しても、なかなかうまくいかないことはわかっていますが、辞めたいという気持ちがどうしても出てきてしまいます。海上自衛隊の制服も見るのも最近は嫌です。どうしたらいいのか全くわかりません。

海上自衛隊を辞めたいけれど辞められないという葛藤

小さいころ、海上自衛隊の基地がある近くで住んでいたので、休みの日やイベントがあると、両親に連れられて基地へ戦闘機を見に行っていました。特にブルーインパルスは他の戦闘機と比べてもひときわ輝いていて、子供ながらの憧れを抱きました。ブルーインパルスに乗ることは小さいころの夢でしたが、いつの間にかその夢も忘れていました。しかし高校3年生になって、進学先をどうするか迷っていたときに、学校に防衛大学の資料があることに気付きました。読んでみると、勉強だけでなく体力トレーニングも必要だし、国防に関することも学べるというので興味を持ちました。大学の学費がかからないというのも、親に負担をかけることがないので魅力に感じました。防衛大学に入ったら、ブルーインパルスに乗る可能性があるかもしれないという動機で防衛大学を受験し、合格しました。大学時代はしっかり勉強したものの、卒業するころには配属が航空自衛隊ではなく海上自衛隊になっていました。ブルーインパルスに憧れがあったものの、海上自衛隊も国防の面では重要な仕事だと思ったので、悔いはありませんでした。海上自衛隊に所属すると、大学時代よりも当然ながら縦のつながりが重要になり、上官の中には厳しい人もいれば、優しい人もいて、仕事に関してはやりがいを感じるようになりました。ただ海上自衛隊を辞めたいと感じたこともあります。それは結婚適齢期になっても出会いがないということでした。転勤もあり、なかなか女性との出会いがなくて将来の家族設計に不安を感じることもありました。ただそれは自衛隊に興味を持つ女性が増えたことで定期的にイベントが開催されたことで、生涯の伴侶を見つけることができました。しかしその後、再び退職したいと感じることがありました。それは子どもが小学校に通うようになってからも定期的に転勤があったことです。子供が幼稚園の頃ならまだよかったですが、小学校になると仲良い友達もできていますから、転校することで子どもが寂しい思いをしているのは知っていました。そんなときは退職したいと感じますが、40歳を過ぎてからの転職は怖いので結局辞められないので葛藤がありました。